笹塚21ペインクリニック 診療案内


クリニックのご案内

笹塚21ペインクリニック

〒151-0073
東京都渋谷区笹塚1-48-14
笹塚ショッピングモール21 2F

京王線 『笹塚駅』 より
  徒歩1分(駅前)

笹塚21ペインクリニック 詳細はこちら

笹塚21ペインクリニック お問い合わせはこちらから tel.03-3485-6311

診療案内

ペインクリニック内科 漢方内科
神経ブロック 麻酔科
一般内科 リハビリテーション
ED AGA
ボトックス注射 にんにく注射
禁煙外来 健康診断
予防接種

ペインクリニック内科

ペインクリニックとは?
ペインとは英語で『痛み』という意味です。ペインクリニックとは『痛みを治療する診療所』のことです。
長く続く痛みは、人間の精神にも肉体にも大きなダメージを与えます。
そして人間の生活の質を著しく損ないます。その痛みを総合的に治療する科のことです。

治療の方法は
  1)神経ブロック
  2)飲み薬
  3)漢方薬
  4)リハビリテーション
  5)カウンセリング


などを組み合わせて治療を行います。
もちろん健康保険が適用になります。
治療方法
  • 神経ブロックとは?
    痛みを発する神経に局所麻酔薬などを注入する手技です。
    針はできる限り細いものを使用しますので痛みを最小限にする努力をしています。
    また交感神経をブロックすることにより血流を改善し痛みを和らげるブロックも可能です。

    体に針を刺すことになるので次のような方にはブロック注射を行えない場合があります。

    血液をサラサラにする薬(抗凝固薬、抗血小板薬など)を服用されている方、出血傾向のある方、ステロイドや糖尿病などで感染を起こしやすい方、また風邪などで炎症反応が高い方など

    このような方には飲み薬や漢方薬などをお勧めしています。
  • 飲み薬
    通常の痛み止めのほか、痛みの専門家にしか使えない特別な薬も使います。
  • 漢方薬
    症状に合わせて漢方薬も使用していきます。
  • リハビリテーション
    最新のリハビリの機械と医師の指導によるリハビリを行います。
      理学療法(リハビリ治療)
      スーパーライザー(近赤外線)治療器・キセノン光線治療器を用いて血行を促進し、
      痛みの原因である血流障害を改善するために行います。
  • カウンセリング
    長い間、周囲に理解されない苦しみ、悩みを遠慮なくお聞かせ下さい。
    落ち込んでしまった心を支える治療も行います。
こんな症状がありましたらお気軽にご相談ください
頭痛 肩こり
目の奥の痛み 顔の痛み
顔の麻痺 顔・目の痙攣
舌の痛み 首・肩の痛み
肩が動かない 手の痛み・しびれ
背中の痛み 腰の痛み
胸の痛み 足の痛み・しびれ
痛みで長く歩けない 足の冷え
多汗症 帯状疱疹の痛み
癌の痛み 手術・けがの後の痛み など

ペインクリニックの対象疾患
片頭痛 三叉神経痛
帯状疱疹 帯状疱疹後神経痛
頚椎椎間板ヘルニア 五十肩
腰部脊柱管症候群 坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア 閉塞性動脈硬化症
バージャー氏病 幻肢痛
カウザルギー 術後の傷の痛み
顔面神経麻痺 顔面痙攣
突発性難聴 網膜中心動脈閉塞症 など

内科

脂質異常症、糖尿病、痛風などの生活習慣病
かぜ、インフルエンザ、気管支炎、肺炎などの感染症
花粉症(アレルギー性鼻炎)、じんましんなどのアレルギー疾患
腹痛、嘔吐、下痢、便秘などの消化器疾患
高血圧、狭心症などの循環器疾患
ぜんそく、COPDなどの呼吸器疾患

漢方内科

通常の痛み止めが効かない、副作用で飲めない、なんとなく体の調子が悪い、
といった方には漢方治療がお勧めです。漢方薬といっても当院で処方する薬は
煎じて飲む生薬ではなくエキス剤と言われる飲みやすい粉薬です。
慢性の痛みや体調不良、年齢や体力低下により強い痛みどめが飲めない方には
漢方の専門医が適切な漢方薬を処方します。

予防接種 

インフルエンザ、肺炎球菌 など

健康診断

入学、入社の際に必要な健康診断を随時行っております。
また、企業の検診、産業医についてもご相談ください。

院内設備

キセノン光線治療器 スーパーライザー
血圧脈波検査装置 ウォーターベッド
心電図 経皮酸素飽和度
レントゲン撮影装置 骨密度測定装置
スモーカライザー スパイロメトリー